Home
最 新 思 考
〜以前の思考〜
2013年
2012年
2011年
 
 
 
 

2015年12月4日

12月19日劇場公開の映画「風のたより」の試写会に
行ってきました。


映画「風のたより」

12月4日に渋谷で行われた向井宗敏監督の映画「風のたより」の試写会に行ってきました。

この映画は仙台荒井のまちで祖父から託されたカフェの再建に奮闘する女性の物語を、今風だけどどこか懐かしい感じで描き出しています。自分にいつも自信が持てない主人公を演じる新木優子さん、その祖父役に大杉漣さん、その他加藤雅也さんや仙台出身の俳優の方々が出演されています。

主題歌も仙台出身のシンガーソングライター、ハジ→が担当し、地元の支援者や農家さんの協力を得て制作され、仙台荒井づくしの映画となっています。

映画の舞台となった荒井は、2015年12月に開業する仙台市地下鉄東西線の東の終点、荒井駅の建設に伴い、新しいまちづくりが行われている地区です。映画の場面にも、新しい東西線荒井駅の駅舎や開発中のまちの風景が出てきます。

主人公が再建に奮闘するカフェの内装を私どもがデザインさせていただきました。このカフェもオーナーの家具が入り、12月12日にオープン(予定)します。
カフェの名前は「AWESOME CAFE」です。荒井東のアライデザインセンター1Fにあります。
仙台駅から地下鉄一本で行きやすくなった荒井に足運んで、映画の舞台となったカフェでお茶をするのもいいですね。

仙台フォーラムで12月19日(土)から先行上映開始。
東京は2016年から上映予定。

風のたより
HP:http://kazeno-tayori.jp/


2015年11月22日

村上隆の五百羅漢図展@森美術館

六本木にある森美術館で開催中の「村上隆の五百羅漢図展」を観に行ってきました。日本では14年ぶりで、村上氏の全作品が日本初公開となる大型個展です。

村上氏の作品はパリのカルティエ現代美術財団やロサンゼルスのMOCAで観てきましたが、今回は今までにないスケールで村上ワールド炸裂です。 

展示は絵画から巨大彫刻にまで及びます。特に今回の展示の目玉、全長100mにも及ぶ五百羅漢図は中国の4神、「青竜」「白虎」「朱雀」「玄武」の名のついた4面で構成される巨大絵画で、ものすごいインパクトがあります。サイズもそうですが、ダイナミックな構図と細密に描き込まれた500羅漢。一体一体の顔の表情やタッチなどフフッとしたり、ウームと唸らされたりと見ごたえがあります。

いくつもの思想が渦巻くレイヤー感のある作品展示になっていて、一度では観きれない、また観たくなる魅力満載の展覧会でした。

村上隆の五百羅漢図展は2015年3月6日まで開催です。

森美術館
HP:http://www.mori.art.museum/contents/tm500/


メタボルテックス アーキテクツ Copyright © 2015 METAVORTEX